スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外へ行きたくない夫との消極的ハワイ見聞録 ⑨ミニバン小旅行 ヒーリングスポット ウルポ・ヘイアウ

先人の知恵再びや芋植うる   ひらり


IMG_2322320.jpg


せんじんのちえふたたびやいもううる


------------------------------------
写真俳句ブログ<芋植う>より続いています
------------------------------------


海外へ行きたくない夫との消極的ハワイ見聞録
--------------------------------------------------
⑨ミニバン小旅行 ヒーリングスポット ウルポ・ヘイアウ
--------------------------------------------------


「ヒーリングスポットに興味があると言われていましたね?」
カイルアを離れると同時にTETSUさんが話し出した。
「この近くにウルポ・ヘイアウというスポットがありますから寄って見ましょうか?!」

「わぁ~!それはうれしい!」
私は手放しで喜んでしまった!
ハワイはスピリチュアルパワーの強い所と言われ、スピリチュアルスポットツアーがあのをNETで調べていたが、なにせ夫が一緒なものだから、とうてい叶わぬものと諦めていた。

IMG_2285480.jpg


「おやッ?」
TETSUさんの目線の先にあった黄色いバスが私たちと入れ替えに出て行った。
「よかった、お帰りですね。子供たちが来ていたみたいですよ。ヒーリングスポットですからね、静かなほうがいいでしょう。」

IMG_2286320.jpg


車から降りて、名所旧跡には不釣合いなYMCAの裏口をしばらく歩くと公園が開け、ウルポ・ヘイアウが現れた。

IMG_2383480.jpg


ウルポ(夜のインスピレーション)・ヘイアウ(神殿・祭祀場)は、ハワイ諸島の妖精メネフネ(小人)が手から手へと石(溶岩)を手渡しで運び、一晩で建設されたと言い伝えがある石積みのヘイアウ。

IMG_2303480.jpg


「こうして、いまでも祭祀されているのです。神聖なものですから、石を触ったり踏んづけたりしないでくださいね。」

IMG_2324480.jpg


北極星に向けて建てられているというその規模は、幅180フィート(54メートル)長さ140フィート(42メートル)高さ30フィート(10メートル)もあり、正面を見ているだけではその規模はわからないが、湧き水沿いに横道を下るとこんなのが一晩でできるか?と信じがたいほどの大きさに目を見張る。この石積みを基礎(土台)として上に神殿が建てられてたという。

IMG_2339320.jpg


ここは農業に関する神殿だったらしく、へイアウの裏側の広い湿原を利用してタロイモ畑が設えてあり、タロイモの青々と茂っているさまは魅力的だった。

IMG_2349480.jpg


「どうですか?何か感じますか?」
TETSUさんは、ヘイアウの一角へ私を呼び寄せ
「この位置で、時差ぼけが治ったという女性がいましたよ。」
「確かに、清々しい空気が流れていますね。」

IMG_2306480.jpg


ウルポ・ヘイアウの周りは小川や湧き水がいくつもあり、その湧き水はつい50年ほど前まで飲料水としても利用されていたそうだが、
「信じられますか!この畑の排水もよぉ~く考えられているんですよ!」

IMG_2336480.jpg


新鮮な水を必要とするタロイモ水田(養魚も行われていた)の水は、いったん地下に流して浄化したあと再び川の下流に放流するという環境に配慮した優れた灌漑工事が行われていたとか。恐るべし、ハワイの伝統文化!

IMG_2320320.jpg


「頭に注意して上を見てください。」
「あ、これは椰子ですね♪」

「都会では椰子の実が落ちると危険なので、ハワイ州法で実を採らなければならないのです。でも、田舎ではこのように実をつけている椰子があったりします。珍しいですから見ておくといいですよ。」
そういえば、椰子の木はたくさん見たけどリアル椰子の実をつけているのは初めてな気がする。

IMG_2325480.jpg


「これって、豚の丸焼きを作るところでは?」
豊作祈願のために農耕の神様を祭るという一角には、子供相撲の土俵くらいの大きさの丸く浅く掘られた場所に草が生い茂り、その下には黒く燃えた後も確認できる。

「そうです。カルア・ピッグですね、今でもここで料理する日がありますよ。」

IMG_2328480.jpg


IMG_2327480.jpg


熱した石を敷き、周囲に生えているバナナの葉やタロイモの葉で野菜や豚を丸ごと包み、その上からまた熱した石を乗せて丸焼(蒸し)きするという。
使われる石などはかごに保管され、バナナやタロイモもすぐ横に植えてあり興味をひく。

「あぁ~・・・私はこれが食べたかったの!ハワイの伝統料理!」
夫はしらん顔を決め込みスルー。
TETSUさんは、予約すれば食べさせるところはあったと思う・・・とだけで、この話題はチャンチャン!
ちょっと寂しかったなぁ~・・・。

・・・つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

ルプママ

Author:ルプママ
オーダーキッチンの仕事で
日本全国駆け巡ります♪
そんなルプママの出張見聞録!
ぼちぼち楽しんで続けたいと思っています♪

********************
3LOW CONCEPT KITCHEN
有限会社 Le pur(ルプ)

http://www.lepur.com

********************

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。