スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹の春

竹の春兵たちが走り行く     ひらり

mqrjdumy.jpg

たけのはるつはものたちがはしりゆく


竹の春

竹は春から夏にかけてが繁殖の季節で
地下の根茎から若芽(筍)が出るため、親竹は衰え黄葉・落葉する。
秋になると若竹も生長して親竹も青々と枝葉を茂らせる。
→竹の秋(春)

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-



主屋を出た私たちは、ゆっくりとタイムスリップした屋敷内を散策する。

mqrjdumd.jpg


屋敷の奥には青々とした竹薮が続く。
関ヶ原の合戦には竹竿380本を旗絹とともに献納。それによって桐生領54ヶ村は賦役御免になったと曰くエピソード付きの竹薮。
ざわざわ風に揺れだすと今にも兵達の雄叫びが聞こえてきそうであった。



竹の春兵たちが走り行く
たけのはるつはものたちがはしりゆく
------------------------------------
厩を兼備した土間から玄関を出ると門口横に高さ1mあまりほどの大きな囲いがある。

3x98m1x6vw.jpg


何かしら?とのぞけば底に桶が仕組んであり、いわば小便器。

synkaihju480.jpg


門口に?と不思議だが、大勢の兵たちが短時間に用を足す大事な設備であったらしい。
こんなところに中世武士館としての確固たる証拠が読み取れるのは楽しい。

主屋のわらぶき屋根、なんともコンテンポラリーチック♪

o3j4iuv6vw.jpg


主家の横を通り抜け裏庭に出ると明治初期に繁栄していた織物工場跡。

gx6oxjbsvw.jpg

rzeq0mjmvw.jpg

zi2t6mx5vw.jpg


井戸の横を通り抜けたお勝手の裏側には、昭和初期、機業全盛期の頃の女工さんたちの元寄宿舎や医務所がある。

rzeq0mjmvy.jpg


紅葉の中庭からこの寄宿舎の裏窓が見えたが、一階には木の格子が窓にはめられていて昔の質屋さんの窓のようにも見えたのだが、実はそれは女工さんたちの貞操を守る手段であったとか。

h7yvcxvivw.jpg


大らかな夜這いの慣習はいつごろまであったのかちょっと気になる。

vxf4adq7vw.jpg


土蔵造りの文庫倉と穀倉は江戸時代末期の建築。

vxf4adq7vy.jpg


その横を抜けるとからめ手口という裏に抜ける曲がりくねった石垣の道。

gwmgqkz3vw.jpg


この石垣は16世紀中頃建造のまま。

f0mrffxwvw.jpg


敵が攻撃すれば木の橋を壊して進入を妨げるという空堀も存在していた。

nulo5fogvw.jpg


関ヶ原の合戦には竹竿380本を旗絹とともに献納。それによって桐生領54ヶ村は賦役御免になったというエピソードの竹薮。

mqrjdumx.jpg


その藪には12世紀所縁ある源義国が石清水八幡宮より観請したと云う竹ヶ岡八幡宮が祭られており、当主が毎朝、祈願の折にその太鼓橋に流れる水を汲み一日が始まったというが、今は水系が変わったか枯渇寸前で水道も完備されたことなので水汲みの儀式はなくなっているという。

0p4w137yvw.jpg


時を経るということは、自然現象や人工的現象が加味されて望むと望まざるにかかわらず変化するもの。今ここに奇跡的に生を受け、唯一、私たちが操作することのできない時空を想う時、どういう形であれ、本物、本筋の美しい日本を後世に繋ぐことが私たちの生きた証なのでは・・・と深く心に残った。

・・・つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

ルプママ

Author:ルプママ
オーダーキッチンの仕事で
日本全国駆け巡ります♪
そんなルプママの出張見聞録!
ぼちぼち楽しんで続けたいと思っています♪

********************
3LOW CONCEPT KITCHEN
有限会社 Le pur(ルプ)

http://www.lepur.com

********************

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。