スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日盛

ペダル音平らな町の日の盛り    ひらり

ie04360.jpg

ぺだるおとたいらなまちのひのさかり



日盛
日の盛り


夏の日中、日が一番強く照りつける時間帯のこと。
正午ごろから午後二時、三時ごろまで。
物の影が増したに落ち、激しく眩しい白光は寂として、
あたりは不思議な静けさを漂わせる。
夏の暑さを表現する季語として近代以降好んで取り上げられるようになった。

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-


平和・・・という単語が頭をよぎった。

北原白秋生家の町並みを一望すると、ほとんどの家屋が平屋か二階建。
通りの真ん中に立つとしんと静まりかえった道が延々と続き、青空がパノラマに広がっていた。
感動してしばらく佇んでいると点のような人影がどんどんと近づいてくる。
自転車をこぐペダル音だけがキーコキーコと過ぎ去った。

museum08420.jpg


ペダル音平らな町の日の盛り
ぺだるおとたいらなまちのひのさかり
------------------------------------
何はともあれ、川下りに北原白秋館!
大分に住む友人S.Hさんからの度重なる柳川を礼賛した便りと、たんとさんの夏館(1012)での記事でかなり触発され、福岡に行けば必ず寄ってやろうと企んでいた柳川。
そのチャンスは意外に早くやってきた。

ie02360.jpg

この生家は、火事で焼け残った母屋が人手に渡り、その後、競売にかけられることを知った全国の人たちの援助の下復元されたという。

ie01.jpg

母屋を抜けると別棟に、中学時代弟妹の騒ぎを避けてここで勉強していたという隠居部屋があり、窓の下は掘割の川が流れていた。

museum02360.jpg

「お掃除ですか?」
「流れが急な日にやらんとね、水が濁るとよ」
「なるほど!」

museum03360.jpg

「何度も取っちょるけん、根こそぎ取らんとすぐに増えるけん」
「写真撮ってもいい?」
「こんなでよかたん」
「おおきにぃ~・・・」

museum07420.jpg

北原白秋のことは童謡以外にほとんど知識はなく無垢なまま訪れた。

IMG_6470360.jpg

大好きな<城ヶ島の雨>が北原白秋の詩であったことをすっかり忘れていて、展示のさ中に、あらためてここに来た意義を感じていた。

museum06360.jpg

北原白秋が大正末期に異郷より柳川の発展を願い、いろいろと「まちづくり」について提言をしたという自筆原稿。

museum04360.jpg

その提言は箇条書きされ、
学校の一部にある城跡を危惧して学校と公園をはっきり区別させ公園を開放させることや東京の不忍池以上の壮観を狙い蓮花のライティングを計画。大学誘致や文学・美術・音楽・工藝などの普及による町の活性化を説いている。

museum05420.jpg

掘り割りにも着目し、船を浮かべて観光に用うという現在の川下りに通じる提案。ガス・水道・鉄道の駅などライフラインの整備等など多岐に渡る提案が書かれていた。
また、
「おもひで」という冊子を買い求めたが、そこには衰退した北原家を懐かしむと同時に、自らの作品を通じて全国に柳川を紹介するという技も駆使している。水郷柳川の今の観光地としての成功は北原白秋の愛情の賜物ではないかと痛感した。

ie03360.jpg

・・・つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

ルプママ

Author:ルプママ
オーダーキッチンの仕事で
日本全国駆け巡ります♪
そんなルプママの出張見聞録!
ぼちぼち楽しんで続けたいと思っています♪

********************
3LOW CONCEPT KITCHEN
有限会社 Le pur(ルプ)

http://www.lepur.com

********************

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。