スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟遊び

柳川の唄のどかにて舟遊び    ひらり

kawa_4.jpg

やながわのうたのどかにてふなあそび


船遊び
船遊山 遊船 遊び船


主として納涼のため、海や大河に船を出して遊ぶこと。
江戸時代には隅田川に船を浮かべて涼をとり、
川開きなどには多いに賑わったという。
現在、各地の川・湖・湾などでは
夏になると納涼船が運航され、
涼を求める人に人気を呼んでいる。

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-


季語の本意は納涼の舟遊びだが、ここ柳川は四季を通じての川下り。
冬には炬燵を仕込むらしい。
俳句としてはちょっとクレームがつきそうな季語使い・・・お見逃しを!


kawa_3.jpg


柳川の唄のどかにて舟遊び
やながわのうたのどかにてふなあそび
------------------------------------
行って見たいという念願の場所は一杯ありすぎて、チョー欲張りなルプママ。
中でも、念願中の念願、ようやく、ここ柳川に来ることができた。

kawa_9.jpg

昼か夜かどっちにしようか迷っていた川下りだったが宿の勧めで夜にトライ。

kawa_12.jpg

水郷柳川は柳川城の掘割が縦横に巡らされて白の防御や灌漑用水、生活用水として重宝されていたそうな。昔は家々のお勝手から階段が作られていたそうだが、今ではほんの数件にその様子を偲べたが、殆どは新建材の家に建て代わっていて、生活する場としてはそれは仕方ないことだが、残念なことだ。

kawa_8.jpg

船着場ではシューッ!シューッ!あちこちか音が・・・
出発前の船頭さんの儀式になっているそうな。船底めがけて虫除けスプレーを噴霧していたのだ。

「写真撮るなら前に・・・」
私の下げているカメラを見ると、すかさず声をかけられた。
その船頭さんに促され、舳先に座ると同時に
「前に座った人は、暗くなるとスイッチ入れてね!」
スイッチを入れると電池式のランプが灯る。
「暗くなったらでいいよ~」すかさず声が飛んできた。

船は14~5人乗り込んで、さぁ!出発!
船頭さんの流暢な声が心地よく風に乗りだした。

kawa_7.jpg

竹竿を川底に指して方向と流す勢いを調整する。
厳密に言えば、私たちの乗った船は、川下りではなく川登りになるらしい。
「お客さんたちはラッキーよ!夕べは雨になって慌てたよ。この分じゃ、明日の天気も怪しいから、いい行いしてるね~・・・」

kawa_1.jpg

たくさんある橋にくると、きまって、船頭さんは竿をあげてしゃがみこみ、竿をさせないので天井に渡してあるロープを引っ張って前に進める。
いくつかの橋では、きれいな伸びた声で歌いだし、ちょうど、唄い終わったころに橋から脱出する。
「よッ!いい声してるよ!」ほろ酔い気分のお客さんが船頭さんをからかう。
「もっと、唄っちょるとよッ!」

kawa_2.jpg

「ダメなんですよ!橋の中でしか唄えないんですワタシ。しかも唄える橋と唄えない橋がある」
そりゃぁ、そうかも!
橋の中は、キレイに声が伸びて響きわたるんだから、ずるいよなぁ~(笑)。

kawa_5.jpg

残念ながら、私の腕では夜の写真は儘ならず、ここまで。
次回、北原白秋館につづきます・・・。

kawa_6.jpg

川下りびいどろ雲に見守られ
かわくだりびいどろぐもにみまもられ
------------------------------------


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

ルプママ

Author:ルプママ
オーダーキッチンの仕事で
日本全国駆け巡ります♪
そんなルプママの出張見聞録!
ぼちぼち楽しんで続けたいと思っています♪

********************
3LOW CONCEPT KITCHEN
有限会社 Le pur(ルプ)

http://www.lepur.com

********************

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。