スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷酒

大鉢の冷酒みるまに空となり     ひらり

2009_0530osake.jpg 

おおばちのれいしゅみるまにからとなり


冷酒冷酒 冷やし酒

日本酒は燗をして飲むのが一般的であるが、夏は暑いのでそのまま飲む。
最近では日本酒本来の風味を味わうために四季を問わず冷で飲むことが多くなった。
→温め酒(秋)・熱燗(冬)

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-


大鉢の冷酒みるまに空となり
おおばちのれいしゅみるまにからとなり
***************************
写真を撮っていなかったので、画像は湘次さんから拝借デス!
湘次さん、ゆるしてぇ~(^^ゞ

追伸:

秋の大阪!お任せください!

日にちによっては遊子さんや臥竜さんも参加ありかも・・・って

夢のようなお話も出ていますね~♪

道州さんや湖風子さんとも相談しておきますね♪

続きを読む

スポンサーサイト

青嵐

旗いっぱい孕んで去るは青嵐     ひらり

kobef1.jpg

はたいっぱいはらんでさるはあおあらし


青嵐
風青し 夏嵐


青葉のころに吹き渡るやや強い風で
繁茂した草木を揺り動かす風。
和歌ではほとんど使われず
俳諧で好んで用いられた。
→風薫る

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-


五月の連休最後の日
珍しく母から号令がかかり妹と私は三宮で合流。

kobef1 (10)


足の悪い母なので遠くへもいけず
中華街でのランチと相成った。

kobef1 (4)

私の好きな台湾家庭料理で舌鼓を打ち
他愛もない話で泪を流しながら話扱け、時を過ごす。

kobef1 (7)

kobef1 (9)

kobef1 (3)

kobef1 (1)

話し足りなくて美味しいお茶でも・・・と大丸の専門店でお茶をした。
ところが、ものの15分もするとなにやら母がガサゴソしだした。
「何してるん?」
「財布・・・」
「ええで、お茶ぐらいご馳走するし・・・」
自分から誘ったからと、頑固な母はお茶代も出し、
「しんどなったから家に帰って横になりたい」と言い出した。

kobef1 (6)

エスカレーターを降りながら
「もうすぐ母の日やし何か欲しいもんない?」
妹や私が何を聞いても物欲のなくなった母は愛想なく
「いらん、何んにも欲しない、はよ帰えろ」の一点張り。

kobef1 (8)

「しっかりしてても身体は弱ったんやなぁ~・・・」
私たちの心配と心くばりを無視した御仁は、妹と私に家に残した夫へのお土産を持たせ、妹と別れたあと私と一緒に大阪への電車に乗った。

「台湾料理、美味しかったなぁ~」
「そうか?私はもっとマシなランチをしたかった・・・」
歳のワリにはハイカラばぁさんの母は、どうやらホテルのコース料理でも食べるつもりだったらしい。
「わかったよ!今度からもうちょっと高級なとこを選ぶさかい!」
腹にもないことを言ってみたら、やっと、満足げな顔になった。

次の召集はいつになるのかな・・・。

旗いっぱい孕んで去るは青嵐
はたいっぱいはらんでさるはあおあらし
*************************

風炎

洗礼は風炎たるや音の渦     ひらり

090330off18_20090409211206.jpg

せんれいはふうえんたるやおとのうず



フェーン
風炎 風焔 フェーン雲


春先、乾燥した高温の大風が吹き起こる現象
夏→炎風 

-新版 季寄せ 角川書店より-


トントントン・・・階段を下りて重たいドアを開く

じゃぁ~ん・・・♪♪
すでにステージは始まっていて
大きなミラーボールがくるくる廻る横を通り抜け席についた

久しぶりに聴く大きな音に懐かしさと居心地の悪さとが行き来した

すでに40年近くも近寄らなかった場所だもの・・・仕方ないか・・・


洗礼は風炎たるや音の渦
せんれいはふうえんたるやおとのうず
*************************

続きを読む

春の宵

宵の春三十路に返るALTA前     ひらり

alta1.jpg

よいのはるみそじにかえるあるたまえ


春の宵
春宵(しゅんせう) 宵の春


夕暮れのあと、夜がまだ更けないころ。
「春宵一刻直千金」の詩句から
「千金の夜」などという古い季題の生まれたこともある。
春宵は明るく艶めいた感じで
そこはかとなく感傷を誘う。

-合本 俳句歳時記 第三版 角川書店編より-



新宿東のALTA前といえば
タモリの『笑っていいとも!』で一躍、有名になった場所だ。
私たち大阪の人間でも一度はオノボリさんで訪れる。

当写真俳句ブログのオフ会設定場所としてよしさまの口から
アルタ前って聞いたときから、私はウキウキしていた。

大阪人の私は、さすがに東京でのデート経験はないが
それにしても、少なからずも一同、心ウキウキされていたに違いないと思った。


宵の春三十路に返るALTA前
よいのはるみそじはかえるあるたまえ
*************************

続きを読む

最新記事
プロフィール

ルプママ

Author:ルプママ
オーダーキッチンの仕事で
日本全国駆け巡ります♪
そんなルプママの出張見聞録!
ぼちぼち楽しんで続けたいと思っています♪

********************
3LOW CONCEPT KITCHEN
有限会社 Le pur(ルプ)

http://www.lepur.com

********************

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。